Homeスクール案内アクセス初回診断レッスン会社概要会社沿革企業理念不動産オーナー募集スタッフ募集
レックゴルフスクールブログ:ゴルフブログ:グッドフラストレーション

ゴルフブログ:グッドフラストレーション カテゴリー:ゴルフワンポイントアドバイス

レックゴルフスクールスタッフのブログです。
ご意見・ご感想はお問い合わせより是非お聞かせ下さい。
«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 |...| 12 | 13 | 14 | Next»
01

どうしてバーディ(鳥)と呼ぶのか?

おはようございます。三浦です。

ゴルフのスコアに関する用語には鳥の名前が多く使われていますね!

バーディ、イーグル、アルバトロス、ブービー ・・・

バーディとは、パーより1つ少ないスコアでカップインすることで、

イーグルはパーより2つ少なく、アルバトロスは3打少なくホールインすることです。

1903年、アトランティックシティのA.H.スミスがナイスショットでホールアウトした直後に

「いまのはいいショットだったぜ」(That is bird of a shot!)と、自画自賛したそうです。

このバードから派生したそうですよ!

バーディ(bird-ie)とは、もともとbird(鳥)の幼児用語で、小鳥さんという意味です。

イーグルは鷲、バーディより凄いショットということで、鳥の王様である鷲が使われたようですね。

明日は、アルバトロス、ブービーへつづく

02/11 06:05
02

フェイス面はどこを向いていますか?

こんにちは!長島です。

本日はボールが右に曲がりやすい方(スライス)にワンポイントアドバイスをします!

まず構え(アドレス)から、腰の高さまでクラブを上げた時にフェイス面はどこを向いていますか?

面の向きが解りやすいように、赤いラインを引いてみました。

ボールが右に行きやすい方に多い動き





後方から見た時、背骨のラインに対しフェイス面がかなり開いています。

これですとインパクト時にフェイスが開きやすく、右に行く原因となります。


次の写真の様に上げていくと、右に行きにくくなりますよ。



背骨のラインとクラブの面が並行になっているか確認してみて下さい。
01/21 16:18
03

ドライバーの最適飛距離

以下の式からヘッドスピードに応じた理想的な飛距離を計算できます。

【 ヘッドスピード × 1.5 × 4 = ドライバーの飛距離 】

例えばヘッドスピード40m/sで計算すると

40 × 1.5 × 4 = 240ヤード

ヘッドスピード40m/sの方でも、ミート率、エネルギー効率ともに高ければ240ヤード飛ばせます!

是非参考にしてみて下さい(^O^)/

長島





12/25 00:00
04

”私の呼吸法”

お早うございます。三浦です。

皆さん、スイング時の呼吸ってどうしてますか?

息を止めてますか? それとも吸ったり吐いたりしています!?

私は息を止めてますよ。

それが良いのか悪いのか分かりませんが、

私は呼吸をすると上下左右に動くような気がするんです。

特にバックスイングなんですが、

アドレスを決めたら一度深呼吸をして、息を止め、

軸を動かさないイメージで振り上げていきます。

そうすると安定したトップが作れるような気がするんです。

よろしければ一度試してみて下さいね。

素敵な一日を!

06/05 04:30
05